2003.10.30

2003.6.29

2003.9.27

寄稿欄

2003.8.23

2003.5.23  0321

2004.1.09

 



 

 

 


 皆さんの山の紀行文と画像などを掲載する寄稿欄を設けました。 健康的で楽しめる山歩きの糧にしたいと考えています。 奮ってご寄稿ください。
 

 


新館-Ⅱ
小さな旅寄稿欄規 約
 

トップ目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館


009004  Oさん

 

 


 

 


NO.009

 

 

 

 

キリン峠の道標が!

 

2004.8.19  0さん

登山日記 読みました。温泉マークさんと一緒に北アルプスに行かれたんですね。
天気にも恵まれて、よかったですね。僕は、10・11・12と大山へ行ってきました。
 

10日は、

健康の森入口-鳥越峠-1405-槍尾根-剣ヶ峯-弥山-夏山登山道-?-健康の森入口 コースを歩きました。
下山Pで準備して、健康の森入口へ歩いていくと道標(分岐)が見えてきました。

道標から先 植物が濡れていて服が濡れないように歩いていますが、避ける事ができず濡れてしまいました。
鳥越峠から先は、濡れていませんが、1405から先は、また濡れています。

難所は最初登って左ですが、間違えて上に登ってしまいました。下って登る所も通過して槍尾根を歩きます。
槍尾根ピークから槍ガ峰を眺めましたが、ガスで360度 見えません。

弥山に向かいます。気づくと服も乾いていました。弥山から夏山登山道を下ります。
六合目で もう歩けなくなり休憩します。休憩しても体力が回復しません。でも歩かないと登山口に着きません。

五・四合目と休んで歩きました。下山Pから鍵掛峠までタクシーに乗りました。(本当にしんどかった)
 

11日は、

健康の森-道標直登-?-キリン峠-槍尾根ピーク-剣ヶ峯-槍尾根ピーク-槍ガ峰直下-三ノ沢-健康の森入口コースを歩きました。
歩いていると蜂が、後頭部に体当たりしてきます。少し走りましたが、まだ追ってきます。その内いなくなり 道標に到着です。

昨日の事を思うと・・・直登します。歩いていくと 鉄柱が見えます。
何も考えずに歩いていると 90度の険しい所がありここを登ります。

そして右へ 足元には、岩と苔と花があります。気づくと鉄柱が見えません。どうやら違う所を歩いているようです。
一度下って また登ります。なんとか鳥越峠からの道と合流して難所へ今日は 乾燥していて パサパサです。

剣ヶ峯まで行き 槍ガ峰直下から三ノ沢を下りました。砂すべり可能な所は 利用して下ります。
あとは下るだけ でも歩きにくい!堰堤も近くで見ると 高い!木にしがみついて 下りていきます。
やっと道路に出ました。ここから健康の森入口まで1.8㌔です。
 

12日は、

下山P-夏山登山道-弥山-剣ヶ峯-ユートピア小屋-砂すべり-下山P コースを歩きました。
木道では、1本のストックを両手で持って登ります。もう おじいちゃんです(泣)。頂上避難小屋で渡辺さんと話します。

三角点には 誰もいません。らくだの背で 案内大好きおじさんに会いました。ユートピア小屋 誰もいません。
下っていると転びました。前回よりひどく木があったので止まりました。大神山神社で お参りして帰りました。
 

お知らせ

鉄柱の道標が 落ちています!! 下から見ると ピースしている様に見えた鉄柱、本当に残念です。



9月01日0さんより画像の追加がありましたので掲載しました。           管理者 カトチャン

 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 

 

NO.004

 

 

 

 

ナンゴククガイソウ見ました

 

2004.7.27  0さん

毎日暑い日が続きますが、加藤さんは夏バテしてませんか?
お久し振りです。O(オー)です。早速ですが、192021と大山に行ってきました。



19日は、三鈷峰-ユートピア小屋-弥山-夏山登山道コースを歩きました。三鈷峰は、初めて登りました。
一緒に登った方にユートピア小屋で、ビールなどをご馳走になりました。
山でビールを飲むのは、初めてです。別れて、天狗ガ峰に向かいます。

途中、憂さんとお会いして、大山滝と鉄柱下の状態など教えてもらいました。別れて難所に向かいます。
この難所は、初めて縦走しょうとして、ここまできて不安で行くのを止めた場所でもあります。

下りは一度通った事がありますが、登りは初めてです。
片足しか置けない所もクリアーして、天狗ガ峰に到着です。

休憩していると、一人登ってきます。挨拶して剣ガ峰に向かいます。
単独の方は歩くペースが速くて追い付けません。剣ガ峰でその方と話をすると
S(しのはらさん)でした。
一緒に夏山登山道を下りました。この日は強風でした。



20日は、夏山登山道-弥山-剣ガ峰-ユートピア小屋-砂すべりコースを歩きました。
朝少し雨が降ったので、車の中で止むのを待ってから出発です。

登り始めて、二・三合目からしんどくて、しょっちゅう休憩します。
もう引き返そうかと思うほど、しんどかったのです。


五合目で水を飲もうと思っていると、蜂が飛んできて攻撃してきます。
しかたなく水を飲むのをやめて、六合目に向かいます。しんどいけど、蜂が追ってくるので先を急ぎます。

ほかに人がいないので、僕一人だけ集中攻撃してきます。
六合目に到着すると、何人か休憩しています。気がつくと蜂は、いなくなってました。

やっと水が飲めます。七合目に向かっていると、また蜂がきます。
帽子を持って登らなかったので、頭を狙ってきます。登っていると蜂もいなくなりました。


木道では疲れて、おじいちゃんが歩くようなスピードになります。ガスで真っ白、しかも強風です。
山頂小屋で渡辺さんと話します。ガスが抜けると青空が見えます。縦走路を行きます。
クガイソウなどが生長して足元が見えません。

らくだの背の上りも苦労する事なく上がれました。剣ガ峰到着、誰もいません、貸し切りです。
天狗ガ峰から下ろうとしたら、急にガスで視界
0です。風も強くなり、少し待ちましたが変わりません。
難所は左手も使って、通過します。
1636峰に登って(初めて)砂すべりを下りました。
縦走路では誰とも会いませんでした。ひとりぼっちです。



21日は、健康の森からキリン峠を目指したのですが、雨が降ってきたので、中止にして帰りました。
残念!



とまあ、こんな感じです。

ユートピア小屋から上宝珠越の間で、すべって斜面を落ちてしまいました。
 


 
( 左詰めから中央に配置替えしました。 ・・・ 8.25 管理者 )

 



 



 



 



 



 



 



 

 画質補正としてコントラストの自動補正を行なっています。

 

 

寄稿欄


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]    < 秋の青空