2003.10.30

2003.6.29

2003.9.27

寄稿欄
13

2003.8.23

2003.5.23  0321

2004.1.09

 



 

 

 


 皆さんの山の紀行文と画像などを掲載する寄稿欄を設けました。 健康的で楽しめる山歩きの糧にしたいと考えています。 奮ってご寄稿ください。
 

 


新館-Ⅱ
小さな旅寄稿欄規 約
 

トップ目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館


029  温泉マークさん

 

 


 


 

 

NO.029

 

 


スライドショウ
 

   


紅葉の矢筈山・甲ヶ山


2007.11.11温泉マークさん 



 



2007年11月11日



香取~大休峠
~矢筈山~甲ヶ山~甲川~香取 (39)
 

 

今回は“雷鳥夫婦”さんとマークさんとK太君の4人での山行です。
ブナの林は落葉の絨毯!濡れ落葉を踏みしめての中国自然歩道の快適な歩きだったうですね。

矢筈山から甲ヶ山までは晴れて好かったようですが、その後雲行きが怪しくなっています。
迫ってくる黒い雲に急がさせられるように甲川への滑りやすい急斜面の降りは大変だったことでしょう。

稲妻が走り、雷鳴が轟き、雹も降ってくる悪天候となったようですが、帰路に雹でワダチのできた
紅葉の道路を走りながら、今年の秋を満喫し別れを惜しまれたのではないかと思います。

“そろそろ大山行きには冬タイヤの準備の時季でしょうか” とメールにありましたが、
ここに来て一気に冬間近の感がしますね。

 


ここに車を置いて「さあ出発!」


01.jpg
 


分岐 : 今は右へ、帰りは
左から降りてくる

02.jpg
 


落葉の絨毯道


03.jpg
 


岩伏別れ


04.jpg
 


濡れ落葉を踏んで・・・ 


05.jpg
 


大休峠の小屋に到着 


06.jpg
 


小屋の上の笹道を行く


07.jpg
 


晴れて陽射しが出てきました


08.jpg
 


矢筈山山頂 


09.jpg
 


小矢筈山 


10.jpg
 


いざ小矢筈山へ 


11.jpg
 


一段登ると左に甲が見えてくる 


12.jpg
 


小柄なK太君にはちょっと
リーチが足りない? 

13.jpg
 


小矢筈から甲へ
 

14.jpg
 


甲の直下から見上げる


15.jpg
 


甲の下の滑りやすい
トラバース道 
 
16.jpg
 


さあ、甲へ直登だ! 


17.jpg
 


K太君の好きな岩場? 


18.jpg
 


甲ヶ山山頂にて記念写真 


19.jpg
 


甲ヶ山山頂にて記念写真


20.jpg
 


岩石帯を行く


21.jpg
 


稜線から大平原を俯瞰 


22.jpg
 


甲川への降り 


23.jpg
 


ガスが出て幽玄な世界 


24.jpg
 


甲川への降り 


25.jpg
 


倒木をくぐる 


26.jpg
 


滑りやすい沢道 


27.jpg
 


ロープを頼りに降る 


28.jpg
 


甲川はもう直ぐ 


29.jpg
 


甲川 
 

30.jpg
 


怪獣のような古木 


31.jpg
 


ガス気の林を行く 


32.jpg
 


雹を手にしてみるK太君 


33.jpg
 


下葉の紅葉がきれい 


34.jpg
 


車道に雹が積もって 


35.jpg
 


この紅葉、持って帰りたい


36.jpg
 


落葉に積もった雹 


37.jpg
 


ワダチの曲線美! 


38.jpg
 


何度見てもきれいだな~ 


39.jpg
 

 

スライドショウ


 

註 : 送っていただいた元画像の解像度ピクセル数 約 3000x2000 を 640x480 にサイズ変更しています。
(ただし、画像処理はしていません)


管理者 カトチャン

 

 

 

寄稿欄


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]    < 雪解け