2003.10.30

2003.6.29

2003.9.27

新館-Ⅱ

寄 稿 欄

 

2003.8.23

2003.5.23  0321

2004.1.09

 



 

 

 


 皆さんの山の紀行文と画像などを掲載する寄稿欄を設けました。 健康的で楽しめる山歩きの糧にしたいと考えています。 奮ってご寄稿ください。
 

 


新館-Ⅱ小さな旅寄稿欄規 約
 

トップ目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館



 温泉マ-クさん

 


029
028027026025024023022021020018003002001
 


 司さん
 


019
017016015014013012011010008007006005
 


 Oさん
 


009
004
 


 番号かタイトルをクリックして下さい。
 

 


 

番 号

 年 月 日

タ     イ     ト     ル

寄稿欄

寄  稿  者

029

 07.11.11

 紅葉の矢筈山 ・甲ヶ山

13

 温泉マークさん

028

 07.11.10

 紅葉の宝珠尾根

12

 温泉マークさん

027

 06. 8.16

 邪道ファミリーハイカー、ジャンダルムに立つ

11

 温泉マークさん

026

 06. 6.04

 大山花情報

10

 温泉マークさん

025

 06. 5.14

 ヘイトコパーティー

10

 温泉マークさん

024

 06. 4. 9

 槍尾根から山頂へ

 温泉マークさん

023

 06. 1. 1

 初日の出

 温泉マークさん

022

 05.12.29

 ヤッホー

 温泉マークさん

021

 05. 8.19

 邪道ファミリーハイカー槍 ・穂縦走

 温泉マークさん

020

 05. 4. 9

 ヶ峰往復

 温泉マークさん

019

 05. 4. 6

 槍尾根縦走、稜線は物凄い突風が吹き荒れていた

4-13

 司さん

018

 05. 3.20

 やっと頂上が踏めました

 温泉マークさん

017

 05. 3.18

 大山縦走、だがナイフリッジの雪は腐っていた

4-12

 司さん

016

 05. 2.13

 大山縦走、だが其処には危険な亀裂が

4-11

 司さん

015

 05. 1.21

 今日も大山頂上はホワイトアウト

4-10

 司さん

014

 05. 1.14

 今年一番の寒波の大山に遊ぶ

4-9

 司さん

013

 04.10.21

 本谷右俣、大キレット縦走、そして紅葉の涸沢ーⅣスライドショウⅠ~Ⅳ)

4-8

 司さん

012

 04.10.19

 本谷右俣、大キレット縦走、そして紅葉の涸沢ー

4-7

 司さん

011

 04.10.17

 本谷右俣、大キレット縦走、そして紅葉の涸沢ー

4-6

 司さん

010

 04.10.10

 本谷右俣、大キレット縦走、そして紅葉の涸沢ーⅠ

4-5

 司さん

009

 04. 8.19

 キリン峠の道標が

 Oさん

008

 04. 8.26

 雲ノ平、水晶岳、裏銀座縦走ーⅣスライドショウⅠ~Ⅳ一括)

4-4

 司さん

007

 04. 8.24

 雲ノ平、水晶岳、裏銀座縦走ーⅢ

4-3

 司さん

006

 04. 8.23

 雲ノ平、水晶岳、裏銀座縦走ーⅡ

4-2

 司さん

005

 04. 8.21

 雲ノ平、水晶岳、裏銀座縦走ーⅠ

4-1

 司さん

004

 04. 7.27

 ナンゴククガイソウ見ました

 Oさん

003

 04. 7.15

 第一話 くじけるな未来の電脳少年

 温泉マークさん

002

 04. 7. 4

 夏道往復

 温泉マークさん

001

 04. 6.27

 開花状況

 温泉マークさん

 

 
 


 

 

 


 


管理者から一言
 


04.10.10

8月に続き、司さんのご登場です。

横尾から涸沢に向かう道に入って本谷橋は渡らず沢沿いに進み、更に二俣から真っ直ぐの右俣から紅葉の横尾カール、
南岳、大キレットを歩き北穂小屋へ・・・。

自分は少し前に二俣から左俣に入り本谷カールを登り詰めて大キレットのA沢のコルに出ましたが、昨年の撮った画像で二つの
カール写っているのが有りました。 ご覧下さい。(二枚の画像を連結しています)

左が本谷カール、中央は南岳、右が横尾カールです。





今年の横尾カールの紅葉  ・司さんの紀行文はここ


 
全部マトメたスライドショウもどうぞ!



 

 


 


管理者から一言 


04.9.28



現在、寄稿欄 Ⅰ|Ⅱ は温泉マークさん、寄稿欄 Ⅲ はOさん、寄稿欄 Ⅳ は司さん、とお三方の
専用ページとなっていますが何方でも歓迎致します。 奮ってご投稿お寄せ下さい。

 

 


 


管理者から一言
 


04.8.26

今回整理してリニュウアルしました。現在、画像は 640X480 ピクセルの解像度で掲載しています。

奮ってご寄稿下さい。 
お待ちしています!

 

 

 


管理者から一言 


04.8.22


先日の8月18日、司さんが久しぶりにBBSに登場されました。

私と違って高度な登山技術をお持ちの司さん、痛めていた膝が治って何処か怖いところを歩かれて、
更にまた怪我でもされたのでは・・・、と涸沢で温泉マークさんと心配していたら、
まるで噂を風が運んでくれたようなバッチリのタイミングでお便りが届いたのでした。

いやぁ~ご無事で良かったですね。 元気なご様子にほんとに安心しています。

お忙しいのに、お構いもせず早速山行の投稿をお願いして・・・、これまた直ぐの第一報を戴きました。
早速
雲ノ平、水晶岳、裏銀座縦走」 と題して皆さんにお届け致します。

11日から14日までの山行はご寄稿あり次第順次掲載していきます。 先ずは第1日目をじっくりと味わって下さい。


8月21日、初 日の第一報が届きました。
8月23日、2日目の第二報が届きました。
8月24日、3日目の第三報が届きました。
8月26日、4日目の最終編が届きました。

全部マトメたスライドショウ(45)もどうぞ!


 
 

 

 


管理者から一言
 


04.8.09

先日○○さんに出会った時了解を求めた。 いいお話なので 「隠さず正直に名前を出しましょう」 と。
元々、私が勝手に判断して名を伏せたものだった。 「どうせ見た人・読んだ人は感ずくし判っちゃいますよ」 というわけだ。

全国版でもないHP、見る人・読む人も多くはない。 山の仲間に知られたらより親しみが湧き理解も深まるだろう。

というわけで、強引な説得に笑って・・・納得していただきました。 これで胸のモヤモヤが晴れます。

「○○さん」 こと 「温泉マークさん」 です。

文脈がちょっと怪しくなるところがありますが、訂正せづそのままとして置きます。


マークさんの寄稿文はここ。

 

 

 
 


管理者から一言 


04.7.27

2004.5.23 に健康の森遊歩道入口から一緒に歩いた0君からメールが届きました。
ユートピアのお花の最盛期に運悪く仕事が入って行けなかったけど、
彼は写真を送ってくれて最盛期間近の様子を味わうことができました。

槍尾根から逆縦走へと難コースを他の人と一緒に歩いたのは彼が初めて。
あの日、大人しそうでなかなか度胸があって無事に終えたけど、どうやら大山の虜になってるようです。

たくさんあるコースを四季折々違えて歩けば、大山は異なる姿で迎えて魅せてくれます。
たとえ束の間の出会いでも、大山で知り合い、山の仲間が増えて行くことの喜び・・・嬉しいですね。
 
大山で、また会いしましょう、また語りましょう! その日まで皆さん、頑張りましょう!


Oさんの寄稿文はここ。

 

 


 


管理者から一言
 


カトチャン

 BBSのスペースでは収まらないほどの山の情報や山行レポなどお寄せください。

当方にてご希望の体裁にできるだけ整えて掲載いたします。

お待ちしています!


大きな画像は現在 640X480 ピクセルの解像度に縮小して掲載しています。

 

 


 


管理者から一言
 


08.1.23

ここには迷惑メールの送付を防ぐためメールアドレスは掲載しません

画像掲示板に寄稿したい旨の書き込みをしていただければこちらのメールアドレスを連絡します。

 

 

 

寄稿欄


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]    < 秋の青空