2003.10.30

2003.6.29

2003.9.27

寄稿欄
12

2003.8.23

2003.5.23  0321

2004.1.09

 



 

 

 


 皆さんの山の紀行文と画像などを掲載する寄稿欄を設けました。 健康的で楽しめる山歩きの糧にしたいと考えています。 奮ってご寄稿ください。
 

 


新館-Ⅱ
小さな旅寄稿欄規 約
 

トップ目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館


028  温泉マークさん

 

 


 

 

 

NO.028

 

 


スライドショウ

   


紅葉の宝珠尾根


2007.11.10温泉マークさん 



 



2007年11月3日



大山寺~
宝珠尾根~三鈷峰~上宝珠越~中宝珠越~元谷~大山寺 (15)
 

 

・・・・・・ いただいたメールから勝手に掲載しました ・・・・・・

櫃ヶ山以来のご無沙汰です。

11月3日に私とK太は宝珠尾根~三鈷峰~上宝珠越~中宝珠越~元谷を歩いていました。 ニアミスしていたようですね。
中宝珠越あたりから夏道の大渋滞を元谷越しに双眼鏡で見ていました。 草鳴社ケルンのあたりは停滞していましたね。

ひょっとしたらあのあたりに加藤さんも入っておられたのでしょうか?

でも爽やかな秋晴れで風も無く、紅葉登山日和でしたね。 上宝珠越までは紅葉の登山道を満喫致しました。
逆縦走も考えたのですが、あの渋滞を見て縦走は止めて三鈷峰頂上でのんびりと紅葉の絨毯を見てくつろいでいました。


中宝珠越から元谷への下りは久し振りでした。 途中、上に2m程の滝とその下に5m程の滝が2箇所有ります。

2m程の滝は足場は有りますが、苔が厚くて滑り易いので慎重にいきました。
下の5m程の滝は足場が上からでは見えないので8mmザイルを出して、私がビレーしてK太を先に偵察がてら降ろして、
下からK太にステップの指示をしてもらって下りました。

後で岡田さんに聞いたらあそこはトラロープを張った巻き道があったそうですが、私達は巻き道を発見できませんでした。

今は砂滑りの状態が悪いのでこのコースはオススメですよ。 人が歩いていないのでヤブコギですが、元谷堰堤までが早いし楽ですよ。
(雪が積もったら超オススメかと思います) それに砂滑りが終わって堰堤までのガレ場歩きが結構きついですからね。


それと今年はダイセンキャラボクの実が豊作ですね。
その中で中宝珠越からユートピア小屋までのトラバース道に大きなキャラボクが横たわっていて
幹をまたいで通るあの木に実が付いていたのを初めて見ました。

大神山神社の水場のナナカマドもたくさん実を付けていましたね。
数年前にもキャラボクとナナカマドがたくさん実を付けていた年は大雪だったので、
私の予想では今年は大雪になるのではないかと思っています。(ワクワク)


明日は“雷鳥夫婦”に連れられて4人で 香取 →大休峠 →矢筈ケ山→甲ケ山→ 甲川→香取 です。
私とK太は初めてのコースでワクワクしています。
紅葉はもう終わっているかと思いますが楽しんできます。




・・・・・・
 返 信 ・・・・・・


・・・・・・ 
あの日3日は早いスタート、6時半頃でした。約2時間で山頂。
縦走路へは
840分頃出かけ、剣が910分頃着。10時半頃には上宝珠越から砂すべりに向け降っています。

夏道はあの時間ではまだ混雑してなくて快適そのもの。
恐らく砂スベリに降りた頃にマークさん達は中~上宝珠あたりだったと思います。

中宝珠から元谷への降りは過去一度だけ。
下の
5m程の滝は右側・・・倒木と右の壁・・・の間を降ったように思います。

滝の左側に行けば岡田さんのいうトラロープがあるのかも知れませんね。
雪の降るまでに一度登って確認しておきたいですね。 
・・・・・

 


休暇村蒜山からみた大山 

01.jpg
 


鬼女台付近からの雲海 

02.jpg
 


下宝珠付近

03.jpg
 


下宝珠~中宝珠越付近の紅葉

04.jpg
 


元谷の紅葉 

05.jpg
 


元谷の紅葉 

06.jpg
 


キャラボクの実 今年は特に多い!

07.jpg
 


K太君  カッコ良いネ!


08.jpg
 


 宝珠尾根を降る 

09.jpg
 


 宝珠尾根を降る 

10.jpg
 


中宝珠越から元谷へ降る 

11.jpg
 


元谷へ降る 

12.jpg
 


途中に大きな滝が・・・ 

13.jpg
 


元谷にて 

14.jpg
 


大神山神社境内にて 

15.jpg
 

 

スライドショウ


 

註 : 送っていただいた元画像の解像度ピクセル数 約 3000x2000 を 640x480 にサイズ変更しています。
(ただし、画像処理はしていません)


管理者 カトチャン

 

 

 

寄稿欄


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]    < 雪解け