2003.10.30

2003.6.29

2003.9.27

寄稿欄
10

2003.8.23

2003.5.23  0321

2004.1.09

 



 

 

 


 皆さんの山の紀行文と画像などを掲載する寄稿欄を設けました。 健康的で楽しめる山歩きの糧にしたいと考えています。 奮ってご寄稿ください。
 

 


新館-Ⅱ
小さな旅寄稿欄規 約
 

トップ目 次本 館別館弐号館(春)別館壱号館(夏)別館弐号館(秋)別館壱号館(冬)旧 館新 館


026025  温泉マークさん

 

 


 


 

 

NO.026

 

 

 
スライドショウ

   



大山花情報
 

 
2006.6.04 温泉マークさん



 



2006年6月04日



大 山
 (11)

 



ウワサでは今日、遊さんはかなりスリリングな体験をされたとか?
熊さんは牛さんにそそのかされて、縦走初体験でこちらもスリリングな体験をされたみたいですね。

私とK太も少しスリリングな体験を致しましたが・・・
天狗から三の沢に下ってやろうと下って行ったら・・・三の沢を目の前にして3mぐらいの滝が出現。

それを下りたとしてもシュルントが有るので行き止まり。トラバースしようにも足場は悪いし手がかりは無し。
前にも横にも行けずで仕方ないので稜線まで登り返しました。(超・疲れました)
そこから三の沢へ下る元気も無いので鉄柱経由で直登ルートを下りました。

本日大山で出会った花+?を添付致します。直登ルートの稜線付近はイワカガミが9分咲きといったところでしょうか?
某所のノビネチドリも蕾を付けていましたよ。

天狗からの縦走路のサンカヨウも今が見頃ですね。入梅前に是非歩いて下さいね。
今日も加藤さんのH/Pをチェックされている方々から声をかけて頂きました。1組は時々出会う夫婦の方でした。

もう一組は久留米山岳会の方で、連れの女性の方が「アッ!K太君だ!きっとそうだよ!」と叫んでおられました。
とうとう九州にもデビューしてしまいました。(苦笑い)今回のコメントはH/PにUPしないで下さいね。
少しやばいルートを行ってしまったもんで。


By温泉マーク&K太



独断で要望無視あのコースは時節を間違えると大変です! 皆さんへの警告を込めて敢えて掲載

往き(登り)に下部の滝の状況を確認しておかないと駄目ですね。(直登ルートからは見えない
自分もまだ降りたことがないので先日の5月31日も狙っていたのですが・・・。

通常ルートで三の沢を降り、
通過時見たらこの日あたりが限度でしたね。
残念でしたが不安だったので止めて良かったと思ったものです。

でも、無事であれば小さな失敗も必要かも知れませんね。
大事なのは、もし行き詰ったらどうするかを常に考えて行動すること。

そして、もし失敗したのであれば厳しく反省して今後の糧にすることが大切ですね。


 カトチャン
 


NO.1

01.jpg
 


NO.2

02.jpg
 


NO.3

03.jpg
 


NO.4

04.jpg
 


NO.5

05.jpg
 


NO.6

06.jpg
 


NO.7

07.jpg
 


NO.8

08.jpg
 


NO.9

09.jpg
 


NO.10

10.jpg
 


NO.11

11.jpg
 

 

スライドショウ


 

註 : 送っていただいた元画像の解像度ピクセル数 2048x1536 を 640x480 に
     サイズ変更しています。(ただし、画像処理はしていません)


 

 

 


 


 

 

NO.025

 

 

 
スライドショウ

   



ヘイトコパーティー
 

 
2006.5.14 温泉マークさん



 



2006年5月14日



大 山
 (14)

 



やはり日頃の行いの良い方々の集まりだったせいか、天気予報は良い方にはずれてくれて風はあったものの好天に恵まれました。

主役のヘイトコも30分ぐらいで良型が多数収穫できました。

天然ワサビとお刺身+ネギトロ、ヤキトリに山菜のテンプラ、熊さんの奥様お手製のちらし寿司にデザートのゼリー。

そしてダシのきいた豚汁と地ビール。いやぁ~満腹、満腹。

食べるのが忙しくてあまり写真が撮影できませんでした。
 

カタクリも丁度見頃でした。


(自分は残念ながら当日お仕事で参加できませんでした)
 

 


「おろなみんさん」より

01.jpg
 


お刺身 

02.jpg
 


お刺身セット 

03.jpg
 


カタクリ 01 

04.jpg
 


カタクリ 02 

05.jpg
 


カタクリ 03 

06.jpg
 


カタクリ 04

07.jpg
 


カタクリ05 

08.jpg
 


すぐそばに有ったコシアブラ 

09.jpg
 


焼  物 

10.jpg
 


叩いています 

11.jpg
 


天然ワサビをおろす「大山ファンさん 」
12.jpg
 


参加者一同 01

13.jpg
 


参加者一同02

14.jpg
 

 

スライドショウ


 

註 : 送っていただいた元画像の解像度ピクセル数 2048x1536 を 640x480 に
     サイズ変更し
画像処理(弱めのシャープをかけている)をしています。

 

 

寄稿欄


 

当ホームページに記載の記事・写真の著作権は加藤貴文に帰属します。無断転載および再利用を禁じます。
     
Slide Show : NAKAGAWA Masami,  Free Java Applets  ( ImageChanger (ver.2.02) )
     
BGM : Copyright(C)Music Palette[ http://www.music-palette.com/ ]    < 雪解け